カルシウム 高血圧と動脈硬化

カルシウム 高血圧と動脈硬化

カルシウム不足は、日本人に多い病気である
高血圧動脈硬化の原因となります。

 

 

動脈硬化とは、動脈が硬くなることです。

 

 

動脈が硬くなると、血管の柔軟性が失われるため、
血液の循環が滞り、その結果、心臓に負担をかけてしまいます。

 

 

また、動脈硬化になると、血管の内側がもろくなったり
血管の中がせまくなって詰まったりします。

 

 

ちなみに、血管の内側が狭くなると、
酸素や栄養が運ばれにくくなり、臓器に栄養が届きません。

 

 

そうなると、臓器や組織が正しく機能しなくなります。

 

 

さらに血管が詰まってしまうと
臓器や組織に血液自体がが流れず、
その先の毛細血管が壊死してしまいます。

 

 

そして、動脈硬化が進行すると、心臓に負担がかかり、
高血圧、心肥大、心不全、狭心症、動脈瘤、心筋梗塞、脳梗塞、
下肢閉塞性動脈硬化症、クモ膜下出血などの原因になります。

 

 

カルシウムが不足すると、この動脈硬化や高血圧の原因になります。

 

 

そのためにも、カルシウムをきちんと摂取する必要があります。

 

 

一口にカルシウムといっても、血中には2種類のカルシウムが存在します。

 

 

吸収されたばかりの新鮮なカルシウム(善玉カルシウム)と
新陳代謝により排出される古いカルシウム(悪玉カルシウム)があります。

 

 

◆カルシウム不足からの高血圧や動脈硬化の経過

 

カルシウムが不足し、カルシウムパラドックスが起こる。
            ↓
古いカルシウム(悪玉カルシウム)が血液中に溢れ、血管僻に入り込む。
            ↓
血管の柔軟性が失われ、血管が硬質化する(動脈硬化)
            ↓
硬質化した血管は血液不良になり、心臓が圧力をかけて血液を流そうとする(高血圧)
            ↓
カルシウム不足が慢性化し、さらに症状が悪化
            ↓
脳内出血、脳梗塞、心筋梗塞
            ↓
植物状態になったり、寝たきり、障害、死に至る。

 

 

こうならないためにも、血液中には善玉カルシウムが必要です。

 

 

血液中の善玉カルシウムを維持するためには、
食事やサプリメントから十分にカルシウムを摂取することを継続しなければなりません。