カルシウム不足の症状

カルシウム不足の症状

カルシウム不足すると、様々な症状の原因となります。

 

 

カルシウムは、骨に99%、血中に1%のバランスが常に保たれています。

 

 

カルシウムが不足すると、1%のバランスが崩れて様々な症状がでます。

 

 

◆カルシウム不足しやすい人はこんな人
該当項目の数が多いほど、カルシウムの不足度が高い人です。

 

@インスタント、レトルト系の食品を多く摂取している
A魚や野菜、乳製品を摂取しない
B糖分の摂取が多い
Cインドア派
Dストレスが多い
E生活リズムが不規則
Fハードなスポーツや肉体労働をしている
Gステロイド剤を多様(リュウマチの治療薬など)
H高血圧体質
I妊娠中

 

 

◆カルシウムが不足すると起こる症状
・まぶたの痙攣
・寝つきが悪くなる
・腰が曲がる
・足腰が痛む
・足がつる
・転びやすい
・身長の縮み
・食が細くなる
・心臓の不調

 

 

これらの症状が、カルシウムが慢性的に不足しているサインです。

 

 

これを放っておくと、病気になってしまいます。

 

 

◆カルシウムが不足が原因の病気
・痴呆
 脳細胞が活性を失う。

 

・白内障
 眼球にカルシウムが沈着する。

 

・糖尿病
 インシュリンの分泌が止まる。

 

・ガン
 マクロファージが活性を失う。

 

・アレルギー
 免疫細胞が活性を失う。

 

・結石
 細胞に沈着したカルシウムが固まる。

 

・肩こり、頭痛
 血行が悪くなり酸欠状態になる。

 

・高血圧
 血管の細胞が収縮する。

 

・動脈硬化
 血管の細胞が弾力性を失う。

 

・脳卒中
 血管の細胞が脆くなり切断する。

 

・骨粗鬆症
 骨から不足分のカルシウムが溶け出す。

 

・心臓病
 心筋の収縮ができなくなる。

 

 

このように、カルシウムが不足するだけで
不足からくる症状や病気が起こる原因となります。

 

 

ほどんどの方が、カルシウム=骨のイメージしか持っていないため、
カルシウム不足を深刻に捉えることができていません。

 

 

また、カルシウム不足で健康な骨が維持できないと
血液の造血自体もできなくなります。

 

 

健康の基礎は、カルシウムからです。